ピックアップセミナー

データで読み解く自院のポジション-地域のこれからを数字から見通す

講師 渡辺優(わたなべ・まさる)株式会社メディチュア 代表取締役

データで読み解く自院のポジション 地域のこれからを数字から見通す 2018年度診療報酬改定から半年が過ぎようとしています。 病床利用率の低下に悩む病院も多く、 地域における自院の立ち位置を明確にしていく必要性はさらに高まっています。 【CBnewsプレミアム交流会】の第3弾では、 人気連載「データで読み解く病院経営」の筆者、 株式会社メディチュアの渡辺優代表取締役 をお招きし、講演いただきます。...

【名古屋】在宅始めますか?それとも諦めますか? ~専門家から見たこれからの地域での生き残り方~

講師 村井 俊之(むらい・としゆき)一般社団法人 薬剤師あゆみの会 副理事長
岩見 翔太(いわみ・しょうた)株式会社CBパートナーズ

平成30年度調剤報酬改定は、地域支援体制加算の新設や医療機関等との連携が求められる点数が強化されました。 この背景には2015年10月に発表された患者のための薬局ビジョンがあり、 2025年度までにすべての薬局をかかりつけ薬局にするという方向性は今後も続くと考えられます。 この患者のための薬局ビジョンで示された薬局機能の根幹を占めるのが、 かかりつけ薬剤師・薬局機能(服薬情報の一元的・継続的把握、24時間...

【名古屋】今からでも間に合う!中堅・中小薬局が生き残るために絶対に知っておくべき3つのこと

講師 ▼設楽幸雄(しだら・ゆきお)株式会社薬粧流通タイムズ社
▼小宮聡(こみや・さとし)株式会社CBコンサルティング
▼岩見翔太(いわみ・しょうた)株式会社CBパートナーズ

2018年度診療報酬改定では、薬価・材料価格はともにマイナス。 前回改定に続き、大型門前薬局に対する調剤報酬の評価の適正化 措置を行うなど、薬局に対して、風当たりの強い結果となりました。 従来通りの薬局・薬剤師の役割対応では減収減益を避けられず、 中堅・中小規模の薬局が、今後生き残っていくためには、 新たな戦略・ビジネスモデルの転換や選択を迫られています。 このセミナーでは、一貫して薬価制度・健康...

注目セミナー

データで読み解く自院のポジション-地域のこれからを数字から見通す
渡辺優(わたなべ・まさる)株式会社メディチュア 代表取締役
【名古屋】在宅始めますか?それとも諦めますか? ~専門家から見たこれからの地域での生き残り方~
村井 俊之(むらい・としゆき)一般社団法人 薬剤師あゆみの会 副理事長
岩見 翔太(いわみ・しょうた)株式会社CBパートナーズ
  • CBnewsマネジメント
  • CBnews
seminar<not else>