セミナーを探す

営業利益率20%、人件費率40%を叶える高齢者の住まいづくり事業とは

■ 日時
2019年8月24日(土)14:00~16:50(開場13:30)
■ 場所
貸会議室ユーズツウ
■ 対象者
介護事業経営者
■ 受講料
一般価格:2,000円 (税込) 

当セミナーは開催終了しました。

趣旨説明

 営業利益率20%、
 人件費率40%を叶える高齢者の住まいづくり事業とは

 今、日本の医療・介護・福祉業界を取り巻く環境は、
 かつてない大きな変化を迎えようとしています。

 その境界線となるのは、言うまでもなく、
 団塊の世代が75歳以上の後期高齢者となる2025年。
 以降、2042年まで高齢者人口は増加し続け、
 その後も高齢者の人口比率は増え続けると言われています。
 医療費の増加抑制と、質の高い医療・介護・福祉サービスの安定的な提供のためには、
 これまで以上に多くの改革が、これまで以上のスピードで推し進められていくことでしょう。

 その大きな目玉が、住まいを中心とした地域包括ケアシステムの整備。

 介護事業者のみなさまにとっては、これは大きな追い風です。
 住まい=介護の現場こそが、地域の医療・介護サービスの中心となるのです。
 御社が、地域包括ケアシステムの中心的存在になれるのです。

 介護事業に留まらない、介護業界のマーケットの上流を捉える、
 今後10年、20年を見据えた事業に取り組んで行きませんか。

 ~ 3つをテーマに掲げた事業です ~
 ■ 患者(顧客)マーケットを創出する
 ■ 地域でいちばん愛され、必要される
 ■ 地域包括ケアシステムの中心的存在になる

 ~このようなメリットがあります ~
 ■ 報酬改定に左右されない安定した経営の維持
 ■ 地域の医療機関に頼られる存在になれる
 ■ 保険外収益を確保することができる

 この事業により、御社の地域での立ち位置は、必ず変わります。
 地域で10年後も生き残っていくための多角化事業展開を、
 実際の事例や収支シミュレーションとともにご紹介します。

プログラム

一、 社会保障制度の現状から考える在宅支援と地域包括ケア
(1)社会保障制度改革の現状
  ‥社会保障と税の一体改革の推進、
   それらを背景とした地域包括ケアシステム構築の流れなどについて、
   介護事業者様の目線でまとめ、解説します。
(2)社会保障制度改革の方向性
  ‥地域医療構想からみる在宅介護の必要性について、今後の予測も含めご説明します。
(3)介護事業経営に与える影響
  ‥介護事業、中でも、訪問系・通所系事業のあり方が今後どう変わって行くのか。
   加えて、地域包括ケアシステムにおける住まいの重要性についてお話します。

二、 地域に必要とされる高齢者の住まいとは
(1) 高齢者の生活状況
  ‥高齢者の消費動向、お財布事情など。
   あなたはどの程度ご存じでしょうか?
(2)なぜサ高住がうまくいかないのか
  ‥国が掲げる整備目標に対し、進捗はどのくらい?
   入居率で苦戦している事業者が多いのはなぜ?
(3)必要とされる高齢者の住まい事業と収益モデル
  ‥ビジネスモデルと実際の成功事例、セグメンテーションをご紹介します。
(4)高齢者の住まいを中心とした事業展開
  ‥現事業との連携によるメリット、そしてさらなる多角化経営へ。

※以下はタイムスケジュールの目安です。
13:30  開場
14:00  第一部・講演(60分)
15:00  休憩(10分)
15:10  第二部・講演(60分)
16:20  事例紹介・ウィルグループ様(30分)
16:50  個別相談会、順次終了

講師説明
田中隆暁(たなか・たかあき)株式会社CBナレッジ 事業開発部 課長

田中隆暁(たなか・たかあき)株式会社CBナレッジ 事業開発部 課長

社会福祉法人での事務長、介護事業系会社取締役を通じ、事業の立ち上げ、経営改善から採用に纏わるまで携わる。
医療介護福祉業界をより良くしたい想いを胸に、経験を活かし、現在は株式会社CBナレッジにて事業展開、事業改善コンサルティングを多数担当。

主催

株式会社CBナレッジ

お申込み方法

参加ご希望の方は、
1. このページの上段と下段の「お申込みボタン」をクリックしていただき、必要事項をご記入の上、お申込みください。
2. 受講申込み完了後、銀行振込先もしくはクレジット決済ページをご案内するメールが届きます。案内に沿って、受講料をお支払いください。
(お申込み後、1営業日経ってもメールが届かない場合は、恐れ入りますがこちらまでご連絡ください)
3. 受講料のお支払い完了後、弊社より受講票をメールでお送りいたします。
(受講料のお支払い後、3営業日経っても受講票が届かない場合は、恐れ入りますがこちらまでご連絡ください)
4. セミナー当日は、プリントアウトした受講票と名刺1枚をお持ちください。

【注意事項】
1. セミナー会場について
 セミナー会場の都合等により、会場が当初のご案内から近隣の別の会場に変更になる場合がございます。
2. 中止またはお振替等
 自然災害、講師の急病など真にやむを得ない事情により、当日になって急に開催が中止になる場合がございます。
3. 反社会的勢力の排除
(1)受講者が、反社会的勢力(暴力団、暴力団員、暴力団関係者、暴力団関係団体、関係者、その他反社会的勢力、公共の福祉に反する活動を行う団体、及びその行為者などをいう)である場合又はあった場合、反社会的勢力を利用している場合又は利用していた場合、実質的に経営に関与している者が反社会的勢力である場合又はあった場合には、本申込みを直ちに解除することができます。

(2)前項に基づき、株式会社CBコンサルティングが本申込みを一方的に解除しても、相手方への損害賠償責任を一切負担しないこととします。

交通アクセス
地図
大阪府大阪市北区梅田2丁目1−18

当セミナーは開催終了しました。

注目セミナー

医療DXとどう向き合うか~病院のDX戦略、働き方改革、ロボット活用~
  向井治紀 氏(デジタル庁 参与)
  神野正博 氏 (社会医療法人財団董仙会 恵寿総合病院 理事長)
  上林実 氏(北見赤十字病院 副院長 患者支援センター長 消化器内科・腫瘍内科部長)
  大内浩 氏(三菱電機株式会社 自動車機器事業本部 自動車機器事業部 市販部長)
  木本裕之 氏(三菱電機株式会社 三田製作所 営業部モビリティソリューション営業課 課長)
【アーカイブ配信】 これからの医療機関が取り組むべきサイバーセキュリティ対策とは ~「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン」改定に向けて~
  島井 健一郎 氏 | 厚生労働省 医政局 特定医薬品開発支援・医療情報担当参事官室 室長補佐
  萩原 健太 氏 | 一般社団法人ソフトウェア協会 理事
  林 薫 氏 | パロアルトネットワークス株式会社 日本担当最高セキュリティ責任者(Field CSO)
  染谷 征良 氏 | パロアルトネットワークス株式会社 チーフサイバーセキュリティストラテジスト
  山田 耕治 氏 | パロアルトネットワークス株式会社 技術本部 システムズエンジニア
  • CBnewsマネジメント
  • CBnews
seminar<not else>